閉じる
  1. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー②
  2. 無印良品「体にフィットするソファ」購入レビュー
  3. ヨギボーで感覚統合能力を築く~第6番目の感覚「固有受動覚」とは?
  4. Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット
  5. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー①
閉じる

Yogibo(ヨギボー)にしかできない10のこと。

Yogiboと無印 購入してから気になったアレコレ

kininaruki

Yogibo(ヨギボー)と無印のどちらにも優れた良い面はたくさんありますが、悪い面を知ることも大切なことですよね。

そこで今回は、 購入後に実際に使ってみたら「アレ?」と気になったアレコレ を、いくつかピックアップしてまとめてみました。最終的に、デメリットのまとめ のような記事になってしまいました。使ってみないと分からなかったことを詰め込みましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

実物は想像以上に大きい

実際にヨギボー・マックスを目の当たりにしたとき、あなたが想像するサイズ感は間違いだったと気づくでしょう。

マックスはあなたの想像した大きさより、 実際はもう少し大きいんだというイメージ に置き換えてください。

「大丈夫、店舗で確認してきたから」という方もいるかと思いますが、店舗で見るのと実際に部屋に入れた時とでは、全くサイズ感が違います。「思ったより大きくて部屋が狭くなった」といった声もよく見かけます。

特にマックスは一人暮らしの部屋には向きません。逆を言えば、広いリビングや続き間のような作りの部屋であれば、その大きさに悩まされることはないと言えます。

その点、無印良品の体にフィットするソファは、ヨギボーの最小サイズであるヨギボー・ミニより少し小さいくらいのサイズなので、こちらはワンルールや一人暮らしの部屋向きと言えますね。

しかし、無印のソファも十分大きいので注意が必要です。部屋が狭く感じる理由の一つに、高さのある家具を置いていることが挙げられますが、無印のソファもそこそこ高さがあるので、部屋に置いたときに存在感が増します。

Yogiboと無印良品、どちらにせよ購入の際は慎重に。

Yogiboのビーズ摩擦音にびっくり

次に、ビーズの摩擦音について。これは購入しなければ分からない問題ですね。

ヨギボーは無印より、中身に使われている発砲ビーズが大きいせいかビーズの摩擦音が大きく、TVを見ている時には非常に気になります。

家ではTVのある部屋にヨギボーを置いていて、私がTVを見ていると暇を持て余した我が子が、ヨギボーで一人遊びを始めるんです。

そんな時は、この ビーズの摩擦音がうるさく感じる時が多々あります。

※ ♪ 音声をUPしますので、興味のある方は再生して聞いてみてください。

ソファやイスとして使用する分には全く気にならないのですが、子どもの遊び道具になった瞬間、 ”ズサーッ、ザシザシッ” とエンドレスですから、あぁ、もうーうるさい!ってなります。

それに対し無印の方はというと、微粒子ビーズでできているので殆ど音がしません。はじめに無印を購入したので、その後に我が家にやってきたヨギボーの激しいビーズ音に、同じビーズソファでもこんなに違うんだと驚いたくらいです。

使い勝手が良いはずが…

ヨギボー 省スペースヨギボーは使用しないときには壁に立てかけて置いておけるので、スペースの確保ができるという点に惹かれた方も多いのではないでしょうか?

私もその一人ですが、実際に縦置きにして部屋の隅に追いやってしまうと、いちいち運んでくるのが面倒になってきます。

面倒だと思ってしまう理由は、自分が想像していた重さより重かったからです。何もしたくないくらい疲れているときは、動かすのも面倒になり使用頻度も少なくなっていきます。

また移動以外にもイスとして使用した場合、一度立ち上がると形が崩れてしまうので、持ち上げて座り直しての繰り返しが、重さも手伝って地味に面倒に感じます。

マックスは大きい縦長な形状で持ち上げにくい 、というのも重いと感じさせる一因があるとのだと思います。動画を見る限りでは男性が軽々と持ち上げたり運んだりしてますが、自分と同じくらいの大きさで柔らかい素材のものを、動かしたり立たせたりするのって結構大変です。

これは身長の高い人に比べて、身長が低い人や小柄な人の方がより実感されると思います。使い勝手が良いといえるのは、大きさの割には軽いミディやミニの2サイズだと思います。

無印の場合は、サイズが小さいので移動はしやすいですが、微粒子ビーズのため内容量も多いんです。なので、その分ずっしりとした重みを感じます。サイズ比較しやすいヨギボー・ミニの約4.2kgに対して、それより小さい 無印の方がカバー込みの重さで6.25kgと2kgも重い んです。

ヨギボーも無印も意外とかさばるし重いしで、慣れるまでは使い勝手が悪いと感じました。

無印ソファに飛び込むのは危険

yogibobags/YouTube キャプチャ

子どもに必要な全身で得る刺激、つまり飛び込んだりジャンプしたりできるのが、ヨギボー遊びの醍醐味でもあります。ヨギボーの衝撃を吸収する能力は極めて高く、耐久性にも優れています。

私が子どもにやってあげたかったヨギボー遊びの一つ、ヨギボーに子どもを放り込むという遊びも、ヨギボーなら安全にできてしまいます。 どんなに勢いよく放り投げても、きちんと衝撃を吸収してくれるので、落ちた瞬間の気持ち良さにハマっているお子さんも多いのではないでしょうか。(的さえ外さなければ…ですけどね。)

しかし、私はヨギボーでできることが、他のビーズソファでもできると勘違いしていたんです。

いつものように、ヨギボーに子どもを放り込んで遊んでいた時のこと。ふと、無印のソファが目に留まったので、たまには無印で…と思いつき、無印のソファにポンと放ったんですね。子どもは相変わらず楽しそうだし、その時は自分のした間違いに全く気がつきませんでした。

そうこうして私もヨギボーに飛び込む要領で、背中から無印のソファへダイブしてみました。

その結果、とても痛くて苦しかったんです。土の上にに叩きつけられたような衝撃と息苦しさ。そこで初めて子どもが我慢していたことに気がつきました。慌てて子どもに、「ごめんね!本当は痛くて苦しかったんじゃないの!?」と尋ねたら、「うん」と。

座った感触が柔らかいから、全てのビーズソファもヨギボーと同じように衝撃を吸収してくれると、そう錯覚していたのが最大の間違いでした。

そんな私の実体験から、 無印ソファでヨギボーと同様のことをしてはいけない という教訓を得ました。また、取り扱いには十分に注意喚起をしていきたいと思った出来事でした。

Yogiboをベッド代わりに使用する際は要注意!

sleep-baby

暑さの問題

ヨギボーの寝心地に関しては、言わずもがな「人をダメにする」くらい気持ちがいいのは間違いないんですが、ここでも注意して欲しいことがあります。

体温調整がうまくできない小さなお子さんを、ヨギボーに長時間寝かせるのは要注意!

風邪で熱がある乳幼児の場合はもっと注意です。最悪、熱性けいれんを引き起こしかねません。そのくらい小さな子供にとってヨギボーは暑いのです。万年冷え性の私でさえ、ヨギボーをベッド代わりにして寝たときには、暑さと寝苦しさで目が覚めます。


寝返りの問題

そして第2に、ヨギボーの体に合わせて変形する特性がここで邪魔をします。そう、寝返りが打ちにくいのです。正確には寝返りをしようとすると、変な体勢のまま固定されるので寝返りが打てません 。大人の場合は自力で体勢を変えられますが、これが赤ちゃんだったらと考えると、非常に恐ろしいと思いませんか?

無印に至っては、全身を預けられないのでハミ出た部分が痛くなります。ベッド代わりとして使いたいなら、2個購入して並べて使うという手もありますが、それだったら初めからヨギボー1つ買ったほうがいいような気がします。

ちなみに、無印ソファの使用上の注意にはこうあります。

赤ちゃんを寝かせないでください。窒息や落下の危険性があります。

ヨギボー同様、赤ちゃんや小さなお子さんをソファに座らせる場合には、 絶対に目を離さない ようにしましょう。

デメリットまとめ

Yogiboのデメリット

  • check想像以上に大きく重いので持ち運びが大変
  • checkイス使用の場合、一度立ち上がったら再度座るときに形を作り直さなければならない
  • checkビーズの摩擦音がうるさい
  • check暑くて汗だくになる
  • check赤ちゃんや小さい子どもに使わせるときは目が離せない

無印良品のデメリット

  • check想像以上に大きく意外とかさばる
  • checkサイズのわりにずっしりと重たい
  • check沈み込みが浅く固いため高い位置から飛び込むと痛い
  • checkベッドとして使う場合は2つ必要

後記

今回特筆したいのは、赤ちゃんや小さなお子さんをお持ちの親御さんへの注意事項です。正しく使用すればYogiboも無印のソファも生活を快適にしてくれる優れたアイテムになりますが、大人の感覚で同じように小さなお子さんに使用するの場合は、特別気を付ける必要があります。

取扱説明書をよく読んで、楽しく使いたいですね。

 

Yogibo 公式ストアはこちら

Yogibo公式オンラインストアはこちら

 

関連記事

  1. merit-demerit

    Yogibo Double(ヨギボー・ダブル) のメリットとデメ…

  2. nitori

    ニトリの「ヌードビーズクッション」購入断念!!そのわけは…

  3. yogibo-muji-hikaku

    Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット

おすすめ記事

  1. Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット
  2. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー②
  3. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー①
  4. 無印良品「体にフィットするソファ」購入レビュー
  5. ヨギボーで感覚統合能力を築く~第6番目の感覚「固有受動覚」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集ページ

新着記事

  1. Yogibo Store 西宮ガーデンズ店オープン
  2. Yogibo Store アクアシティお台場店オープン
  3. Yogibo サマーセール第二弾
  4. Twitterプレゼント
  5. Yogiboの6つの新商品

人気記事

  1. Yogibo VS 無印 2ヶ月使用後のへたり比較
  2. Yogibo VS 無印 1ヶ月使用後のへたり比較
  3. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー②
  4. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー①
  5. 無印良品「体にフィットするソファ」購入レビュー

Twitter タイムライン

カテゴリー

アーカイブ

Yogibo(ヨギボー)のことならYogi10に聞け!と思ってもらえるような、内容の濃いサイト作りを目指しています。

ページ上部へ戻る