閉じる
  1. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー②
  2. Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット
  3. 無印良品「体にフィットするソファ」購入レビュー
  4. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー①
  5. ヨギボーで感覚統合能力を築く~第6番目の感覚「固有受動覚」とは?
閉じる

Yogibo(ヨギボー)にしかできない10のこと。

ニトリの「ヌードビーズクッション」購入断念!!そのわけは…

nitori

Yogibo(ヨギボー)のソファは価格が高いのが難点。良いモノなのは分かってるんだけど、高すぎて手が出ないと思ったときに、似たようなビーズソファで もっと価格が安いものはないか、調べる方も多いと思います。

そして、Yogiboと最も比較されている商品というのが、ご存じ「無印良品」と「ニトリ」のソファなんですが、無印に関してはこれまでいくつかの比較記事をレポートしてきたので、過去記事を参考にしてください。

<過去記事>
→ 無印良品 購入レビュー
→ Yogibo VS 無印 へたり経過レビュー
→ Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット

で、この 3つの中で最も安い価格で注目 を浴びているのが、ニトリの「ビーズクッション大 Nストレッチ」という商品。値段が安くて座り心地や耐久性が良ければ、好き好んで値段の高い方を買う理由はありませんよね。それでもやはり、安かろう悪かろうというような商品だったら、買わなきゃ良かったと後悔するかもしれません。

そんな私もニトリのビーズクッションは気になっていて、百聞は一見に如かず、まずは実物をということで、購入目的でニトリへ行ってまいりました。今回はニトリ突撃レポートの公開です。


※ 追記:記事修正(2016.7.21)
この記事は2015.11.1に作成したものですが、2016.7.21に書き直しています。
というのも、この記事で取り上げているニトリの「ビーズクッション大 Nストレッチ」という商品は当時は販売されておらず、元々「ヌードビーズクッション Nストレッチ2」「ヌードビーズクッション ストレッチ2」という2種類しかありませんでした。

そもそも「2なのに1がない」という分かりにくい商品名の上、商品名を一目見てサイズが推測しにくかったグダグダの商品でした。未だに「N」の存在も疑問です。

しかし私の知らぬ間に、ヨギボーや無印良品のライバルズたちに倣うように、ニトリは「大・中・小」3種類のサイズ展開を開始。そのため記事も大幅に修正するに至った次第であります。

 

ニトリ ビーズクッション Nストレッチ 詳細

まずは、ニトリで展開しているビーズクッションを見ていきましょう。

ニトリのビーズクッションの中で、ヨギボーや無印良品と一緒に比較されているのが「ビーズソファ大 Nストレッチ」です。形状は四角い立方体で、無印良品の「体にフィットするソファ」に非常によく似ています。

さらに、「ビーズソファ小 Nストレッチ」「Nストレッチ ミニ」が展開されていて、この2つを合わせると選べるサイズは全部で3種類。

大きさの目安としては、ヨギボー ミニよりも小さく、無印良品とほぼ同サイズという感じ。最小サイズの Nストレッチ ミニは正直、お昼寝枕か座布団にするのがせいぜいかと思われます。

サイズ表

商品名 サイズ 本体価格 カバー価格
Nストレッチ 大 65×65×45 9,250円 1,843円
Nストレッチ 小 65×65×35 4,621円 1,380円
Nストレッチ ミニ 40×40×27 1,843円 740円

サイズは「幅×奥行×高さ」の順に表記しています。価格は全て 税抜き です。

ニトリ突撃レポート!

はい、ここからは辛口でサクッとレポートしていきたいと思います。※撮影許可は取ってあります。

正直探すのに苦労しました。なぜなら、目の前まで来ていながらやっと ”あぁ、これか!” と気が付くくらい、私が思い描いていたビーズクッションとは別物だったんですねー。

Nストレッチ ミニ(旧ストレッチ2)レポート

beadscushion-mini

で、こちらがその時の写真。これは Nストレッチ ミニ(旧ストレッチ2)の売り場ですが、ビックリするほどしょぼい!

そして、何に使うのか考え込んでしまうほどの小ささ。

来店前にサイズを確認しなかった私も悪いのですが、いくらミニとは言え、想像を凌駕するしょぼさに愕然。何度も目の前を通っていたのに、なかなかビーズクッション売り場に気づけなかったわけです…。

stretch2

手に取ってみるとこんな感じ。感触も特別 ” いいね!” と思うこともなく、これで2,583円はちょっと頂けない。

本丸であるNストレッチ 大(旧Nストレッチ2)の売り場を見る前に、すっかり購買意欲を削がれる結果に。

ついでを言えば、隣にはマロン2のコーナーがあったんですが、同じような寂しいコーナーでありました。


Nストレッチ 小(旧Nストレッチ2)レポート

さあ、ここからさらに残念なレポートになっていきますよー。

Nストレッチ ミニ(旧ストレッチ2)の売り場を見つけたので、Nストレッチ 大(旧Nストレッチ2)の売り場も近いと思い横に目をやると…、えぇありました、ありましたとも。何て言うんですかねぇ…、見つけた喜びよりも「これはダメでしょ」と脱力する感じ。

nstretch2じゃん!その時の写真がこちら!もうね、どこから突っ込んでいいのやらですよ。

まず、カバーの色が褪せすぎ!
展示品なのに清潔感が皆無!
んで、雑!
極めつけは、へたり過ぎ!

お試しする気も起きません。てか、棚の上に置いてあったらお試しできなくない?

欲しい商品が買いたくて、期待を胸に来店するわけですよ。で、お目当ての展示品がこのあり様だったらどうです?無言で出口へ直行ですよ。

あぁ、使い込んだらこんな風になるんだ。

新しく買ったモノを持ち帰るワクワクよりも、経年劣化の心配が頭をよぎる。モノを売る側の人間なら、購入前の購入者に対してそんなこと思わせたり、想像させたりしちゃいけないと思うんですよ。

私が訪れた店舗が、たまたま展示コーナーに力を入れていなかっただけなのかもしれませんが、やはり展示の仕方によって購買意欲は左右されやすいので、非常に残念でしたね。

そんなこんなで、今回は購入を断念した次第です…。とほほ。


Nストレッチ 大 レポート

記事冒頭にも書きましたように、この記事を作成した2015.11.1の時点では「ビーズクッション大 Nストレッチ」という商品は販売されていませんでした。

近々、ニトリ突撃レポート第2弾を慣行する予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

突撃レポート後記

かなりの辛口批評でしたけれども、本当に買う気満々でニトリに行ったんですよ。あの展示コーナーさえもっと力を入れてくれていたら、もともとすごく興味のあった商品だったので即買いしてたと思います。

でも逆に、新品の状態ってどんな感じなんだろ?と気になってはいるので、購入も視野に入れてレビュー記事も書けたらなと考えています。

 

Yogibo 公式ストアはこちら

Yogibo公式オンラインストアはこちら

 

関連記事

  1. kininaruki

    Yogiboと無印 購入してから気になったアレコレ

  2. yogibo-muji-hikaku

    Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット

おすすめ記事

  1. Yogiboと無印 価格比較で明らかになった双方のデメリット
  2. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー②
  3. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー①
  4. 無印良品「体にフィットするソファ」購入レビュー
  5. ヨギボーで感覚統合能力を築く~第6番目の感覚「固有受動覚」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集ページ

新着記事

  1. Yogibo Store 西宮ガーデンズ店オープン
  2. Yogibo Store アクアシティお台場店オープン
  3. Yogibo サマーセール第二弾
  4. Twitterプレゼント
  5. Yogiboの6つの新商品

人気記事

  1. Yogibo VS 無印 2ヶ月使用後のへたり比較
  2. Yogibo VS 無印 1ヶ月使用後のへたり比較
  3. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー②
  4. Yogibo Max(ヨギボー・マックス)購入レビュー①
  5. 無印良品「体にフィットするソファ」購入レビュー

Twitter タイムライン

カテゴリー

アーカイブ

Yogibo(ヨギボー)のことならYogi10に聞け!と思ってもらえるような、内容の濃いサイト作りを目指しています。

ページ上部へ戻る